プロの探偵に対応した各種小型、隠しカメラと電波妨害器械専門店

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2018年11月12日

ボールペンよく高級感がある

もぐもぐタイム!

店舗で活躍なのがコーナーミラー型もカメラです。その中で、よく利用されているカメラはやっぱり小型カメラです。

ペン型小型防犯カメラの未来を担う、快心の一作です。ビジネスシーンからプライベートまで様々なシーンで大活躍間違いなしの決定版アイテムです。

普通のボールペンと同じ機能で書くことも可能です。デキルビジネスマンの必須アイテムです。普通のペンの外見ですが、 30fpsでの動画撮影ができます。また、ボタン一つで、頭の部分を長押と短押するだけの操作は非常に簡単です。

防犯に際して相手に気づかれることなく装備をしておくことが可能です。 証拠収集は今や探偵やビジネスマンだけではない、自分を守る危機管理。 ストーカー・いたずら・嫌がらせ等しっかり証拠収集できる隠しカメラです。

通常のボールペンとして同じように先端を捻る事で実際に芯の部分が出て書く事が出来ます。もちろん収納する事が可能ですので 通常はカメラという見分けはほとんどつきません。




フルHD録画1080pで超高画質!

偽装カメラが見た目もよく高級感があることは他の方のレビューで記載があるのでここでは割愛します。普通のペンのサイズで、実際のボールペンと見分けなくて、使う場合は限りません。また、置いて録画すると目標物を捕えやすく、手ぶれも起きず、綺麗な録画できる。データの伝送はパソコンのUSB端子で接続するだけで簡単です。

操作性については、録画開始がご指摘のとおり通常時からちょい長押しな為、慣れないとそのまま本長押しして電源事態が落ちてしまう、ということなんだと思いました。慣れれば本当にたいしたことないんですが、このちょい長押し のコツ?がわかればというところですね。ボタンを押してランプが点滅を始めたら指を離せばいいだけの事です。

たぶん動いているかどうか、他のペンカメラはランプが点滅しているからわかり易い、ということでしょうが、私はランプが光ってしまうよりは、こちらのほうがずっといいですね。これは個人差だと思うので良し悪しではないです。撮影した画像はパソコン上で視聴・編集が可能です。ただ、ボールペンが光っているのを見たら、かなり引きますね。  


Posted by kannsi at 17:28Comments(0)

2018年11月01日

こんな未来は聞いてない!!


暗闇の高感度撮影
現在では、空間情報の収集と処理技術において、常に最先端の技術を追求し、これらの技術を活用して得られる成果を解析・評価し、ユーザーが求める商品・サービスとして提供しています。

近年ますます普及している小型カメラは、長時間撮影が可能なものや、外部電源から電気を供給している常時録画できるカメラです。 カメラの内部メモリがいっぱいになっても、高性能カメラ(書き換え可能な記録能力のあるカメラなど)と暗い場所でも鮮明に撮影できる赤外線カメラなど、高性能なカメラが設置されやすい傾向も高くなっています。

監視置時計型カメラは暗視補正と赤外線ライトのダブル暗視機能で暗闇でも撮影が可能です。さらに動体検知で自動録画もついているハイスペックカメラです。どんなお部屋にもマッチしやすい洗練されたデザインは、まさに室内用の防犯セキュリティーカメラにぴったりです。真っ暗闇を撮影する事が可能です。それ故、暗闇での防犯・監視は勿論、夜間の追跡調査等にも適しています。夜間の動物や昆虫撮影、また夜には子供の寝顔などを普段撮影出来ないものが撮影できる小型カメラですよ。

このカメラは携帯電話APP遠隔リアルタイム監視できます。AndroidまたはiPhoneスマートフォンAPPによって遠隔リアルタイムの監視と操作をサポートします。赤外線ナイトビジョン機能をサポート、低照度の夕方または夜、赤外線ナイトビジョン機能を開いてスマホで家の様子を見ることができます、自宅の安全を守れることができます。不在時の防犯がもっともっと強固なものになります。


1.鮮明な画像の詳細を取ることが可能です! 高精細FullHD画質を実現!
2.ファイル転送速度は互換性があります!
3.自動録音機能により、起動時に自動的に録音を開始することができます!
4.内蔵メモリ、大容量16GB内蔵!
5.専用リモコンを使用したリモコン!




隠し撮りカメラは日常に溶け込むように設置されているので、気づかないことも多いでしょう。正確かつ効率的な遂行の支援に役立っています。  


Posted by kannsi at 18:17Comments(0)